スポンサーリンク

SoftBank向けモバイルWi-Fiルータ303ZTがWi-Fi認証通過



SoftBank向けのZTE(中興)製LTE/W-CDMA端末「303ZT」が2014年8月27日付けでWi-Fi認証を通過した。

無線LAN通信はIEEE 802.11 a/b/g/nで認証を受けている。

2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯の無線LAN通信も可能となっている。

303ZTは未発表端末の型番である。

型番規則はSoftBankグループの型番規則と一致する。

ファームウェアバージョンはSBM_JP_MF975V0.0.0B01となっており、SBM_JPが入っていることでSoftBank向けであることは確実と考えられる。

メーカー型番はMF975であることも読み取れる。

OSにはLinux 3.10.0+を採用することが判明している。

プロダクト名がLTE Ufiで、端末カテゴリがMobile Access Point (battery powered)であることより、LTE対応のモバイルWi-Fiルータとなることが分かる。

型番の数字が30xであるため、2014年秋のうちに登場する可能性も高い。

これまでSoftBankはZTEのメーカー略号をZとしていたが、ZTに変更されることが分かる。

KYOCERAもKからKCに変更されており、SoftBankグループはメーカー略号を2文字で統一する模様である。

また、303ZTが存在するということで、302ZTも存在することになると思われる。

303zt
Wi-Fi認証 – 303ZT

スポンサーリンク

“SoftBank向けモバイルWi-Fiルータ303ZTがWi-Fi認証通過” への1件のコメント

  1. […] 未発表のSoftBank向けモバイルWi-Fiルータとしては303ZTが確認されている。[関連記事参照] […]

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK