スポンサーリンク

台湾・携帯電話キャリア5位の亞太電信が鴻海傘下の國碁電子と合併へ


台湾の移動体通信事業者であるAsia Pacific Telecom Group(亞太電信)はAmbit Microsystems(國碁電子)と合併することを明らかにした。

合併は2014年6月末までに完了する予定としている。

Ambit Microsystemsは通称Foxconnとして知られるHon Hai Technology Group(鴻海科技集団)の企業である。

合併はAsia Pacific Telecom Groupを存続会社とするが、合併後の存続会社の筆頭株主はHon Hai Technology Groupとなる予定となっている。

Asia Pacific Telecom GroupはLTE用に700MHz帯(Band 28)の10MHz幅を保有しており、Ambit MicrosystemsはTaiwan Mobile(台湾大哥大)への売却に合意した帯域幅を差し引いて700MHz帯の5MHz幅と900MHz幅の10MHz幅を保有する。

そのため、合併後の存続会社は700MHz帯の連続していない15MHz幅と900MHz帯の10MHz幅で計25MHz幅を保有することになる。

Asia Pacific Telecom Groupは台湾で5位の移動体通信事業者で、Ambit MicrosystemsはLTE用の周波数を獲得して新規参入する予定であった。

Ambit Microsystemsを通じて移動体通信事業への参入を狙うHon Hai Technology Groupは3G用の帯域を持っておらず、Asia Pacific Telecom Groupと合併することでユーザを獲得するだけではなく3G用の帯域も利用可能となり移動体通信サービスも提供できるようになる。

なお、台湾の移動体通信事業者のシェアは首位のChunghwa Telecom(中華電信)が40%前後、Taiwan Mobileが30%前後、FarEastone Telecommunications(遠傳電信)が25%前後、VIBO Telecom(威寶電信)を買収したTaiwan Star Telecom(台湾之星電信)が5%前後で、Asia Pacific Telecom Groupは5%にも満たない。

Asia Pacific Telecom Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK