スポンサーリンク

KDDI向けスマートフォンSamsung SCH-J999が技適通過、WiMAX 2+とLTE B11の両方に対応


総務省の技術基準適合証明又は工事設計認証を2014年6月後半、2014年7月、2014年8月前半に通過した端末が公示された。

KDDI向けのSamsung Electronics製FDD-LTE/TD-LTE(WiMAX 2+)/CDMA2000/W-CDMA/GSM端末「SCH-J999」が2014年7月22日付けでTUVを通過した。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1500(B11)/800(B18/B26) MHz, TD-LTE(WiMAX 2+) 2500(B41) MHz, CDMA2000 2100(BC6)/800(BC0) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数帯でも通過している。

無線LAN通信は2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯にも対応する。

規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応する見通し。

SCH-J999はメーカー型番で、通信方式や対応周波数よりKDDI向けの端末であることが分かる。

KDDI向けのSamsung GALAXY Note Edge (SCL24/SM-N915J)と同じ対応周波数であり、SCL24と同一端末の可能性もある。

SCL24は発表済みで、2014年10月下旬に発売される見通し。

WiMAX 2+に対応したスマートフォンはFDD-LTE 1500(B11) MHzが削られていたが、SCL24はFDD-LTE 1500(B11) MHzにも対応することが確認されている。

総務省電波利用ホームページ

スポンサーリンク

“KDDI向けスマートフォンSamsung SCH-J999が技適通過、WiMAX 2+とLTE B11の両方に対応” への1件のコメント

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK