スポンサーリンク

Windows Phoneを搭載したスマートフォンのメーカ別シェアでNokiaは約95%を維持


Windows Phoneなど向けにクロスプロモーションネットワークを提供するAdDuplexは定期的に公開しているWindows Phoneに関するレポートを発表した。

新たに公開されたレポートには2014年9月におけるOSにWindows Phoneを採用したスマートフォンのメーカー別シェアが明らかにされている。

首位はNokiaブランドで展開するMicrosoft Mobileでシェアを95.14%としており、ここ数ヶ月は95%に近い水準を維持している。

Microsoft MobileはWindows Phoneを開発するMicrosoftの傘下ということもあり、OSにWindows Phoneを採用したスマートフォンを積極的に投入している。

ただ、Windows Phoneを採用したスマートフォンを積極的に投入するのはMicrosoft Mobileのみに等しい状況であり、メーカー別では独占するような状態となっている。

2位は台湾のHTCでシェアを3.11%としており、直近ではWindows Phoneを採用したスマートフォンとしてHTC One (M8) for Windowsを投入したばかりである。

3位は韓国のSamsung Electronicsでシェアが1.08%、4位は中国のHuawei Technologies(華為技術)でシェアが0.63%となっている。

その他メーカーは10社以上で0.33%に留まっている。

最近ではWindows Phoneを採用したスマートフォンを中国、インド、ベトナム、フィリピン、ロシア、ルーマニア、米国などのメーカーおよびブランドが相次いで発表しており、それらはまだ統計を動かすほどの台数が出回っていないものと思われる。

ただ、新興市場を中心にWindows Phoneを採用したスマートフォンの新機種が大幅に増えているので、次回以降の統計では結果を動かせてくる可能性もある。

AdDuplex

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK