スポンサーリンク

EricssonがSingTelやQualcommと共同でFDDとTDDのキャリアアグリゲーションの実験に成功


Ericssonはシンガポールの移動体通信事業者であるSingTelや米国のQualcommと共同でFDD-LTEとTD-LTEを束ねるキャリアアグリゲーションの実験に成功したと発表した。

ネットワーク設備やソフトウェアはEricssonが構築および開発しており、シンガポール国内においてSingTelが保有する商用のネットワーク設備を利用した実験となっている。

FDD-LTEの帯域の20MHz幅とTD-LTEの帯域の20MHz幅を用いて、LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーションを適用し、理論値を下り最大260Mbpsとしている。

端末側はQualcommの子会社であるQualcomm Technologiesが開発したQualcomm Snapdargon 810を搭載する。

Ericssonは2015年中にはFDD-LTEとTD-LTEのキャリアアグリゲーションに対応した商用端末がリリースされる予定としている。

Ericsson

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK