スポンサーリンク

ロシア政府が2015年1月1日よりロシア国内でApple製端末の使用を禁止か


ロシア国内では2015年1月1日よりApple製端末の使用が禁止となる模様であることが分かった。

複数のロシアメディアが伝えるところによると、2015年1月1日から個人情報に関する新たな法律が発効されることが可決し、それにApple製端末が抵触するという。

Appleが提供しているiCoudのデータはロシア国内ではなく米国のサーバに保存されるが、iCloudに限らずロシア国外のサーバに保存されることがセキュリティ上の問題とされている。

これによってiCloudに対応したApple製端末の使用が禁止になるということで、当然ながらiPhoneやiPadは使用禁止の端末に含まれることになる。

当初は法律の発効は2016年9月に予定されていたが、2015年1月1日に変更されたという。

過去にはロシアの移動体通信事業者がApple製のスマートフォンの取り扱いを放棄したり、ロシア政府がApple製ソフトウェアのソースコード開示を要求するなど、Appleはロシアで度々苦境に立たされていたが、再びロシアで苦境に直面することになりそうである。

rrnews.ru

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK