スポンサーリンク

2014年Q3における北米のスマートフォン市場でアップルが首位に、サムスンはシェアを大きく減らす


米国の調査会社であるStrategy Analyticsが2014年第3四半期における北米のスマートフォン市場に関する調査結果を明らかにし、それを引用して韓国メディアが伝えている。

メーカー別のシェアで米国のAppleが33.9%を占めて首位としている。

Appleは2014年第2四半期は27.9%で、韓国のSamsung Electronicsにトップを奪われたが、2014年第4四半期はトップの座を奪還した。

トップを奪われたSamsung Electronicsはシェアを36.2%から24.8%に大幅に減らして2位となっている。

3位は引き続き韓国のLG Electronicsで、順位に変動はないもののシェアを11.9%から16.3%に増加させた。

AppleはiPhone 6とiPhone 6 Plusが発売開始時から大量に売れたことで、集計期間におけるiPhone 6およびiPhone 6 Plusの販売期間は短いもののシェアを増やした要因になったと見られる。

LG Electronicsは複数の移動体通信事業者を通じて投入したフラッグシップのLG G3が依然として好調とされている。

NAVER NEWS

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK