スポンサーリンク

京セラがMWC 2015にWindows Phone 8.1を搭載した高耐久スマートフォンのプロトタイプを展示


KYOCERAは2015年3月2日よりスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congress 2015に出展すると発表した。

欧州市場向けスマートフォンの第1弾となるKyocera TORQUE (KC-S701)をはじめとし、ソーラーチャージをコンセプトとした高耐久スマートフォンのプロトタイプやデザインコンセプトモデルを披露することを明らかにしている。

ソーラーチャージをコンセプトとした高耐久スマートフォンはフランスのSunpartner Technologiesと共同開発で、太陽光で充電可能なスマートフォンのプロトタイプとなる。

KYOCERAの独自技術であるWysips Crystalを活用することで透明なフィルム型ソーラー発電モジュールをスマートフォンのフロントに搭載できるため、これまでにない自由度のあるデザインを実現するという。

ベースモデルはKyocera TORQUE (SKT01)で、デザインそのままでソーラーチャージを可能とし、Kyocera TORQUE (SKT01)と同様にタフネスな性能を備える。

また、OSにWindows Phone 8.1を採用した高耐久スマートフォンのプロトタイプを展示することも明らかにしている。

その他、高耐久スマートフォンの様々なデザインコンセプトや、現行ラインナップも展示するという。

KYOCERA
アットプレス

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK