スポンサーリンク

FOMAプラスエリアにも対応したLTEタブレットHUAWEI MediaPad M2 10.0がGCF通過



Huawei Technologies(華為技術)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「HUAWEI MediaPad M2 10.0」が2015年10月15日付けでGCFを通過し、2015年10月19日付けで公示された。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1800(B3)/850(B5)/800(B20) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V)/800(VI) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzで認証を受けている。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

NTT docomoがFOMAプラスエリアとして利用しているW-CDMA 800(VI) MHzに対応することも分かっている。

HUAWEI MediaPad M2 10.0は未発表端末の型番(モデル番号)である。

10インチクラスのディスプレイを搭載したタブレットとなる見通し。

NTT docomo向けに発表済みのdtab d-01Hは10インチクラスのディスプレイを搭載しており、メーカー型番がHUAWEI M2-A04Lであるため、10インチクラスのディスプレイを搭載したHUAWEI MediaPad M2シリーズがベースとなることが分かる。

HUAWEI MediaPad M2 10.0の基本的なスペックはdtab d-01Hと同等となる可能性もある。

また、dtab d-01Hは約10.1インチのディスプレイを搭載しており、認証はHUAWEI MediaPad M2 10.0として通過しているものの、最終的にはHUAWEI MediaPad M2 10やHUAWEI MediaPad M2 10.1となる可能性も考えられる。

GCF – HUAWEI MediaPad M2 10.0

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK