スポンサーリンク

台湾向けスマートフォンSHARP M1を発表、鴻海子会社のFIH Mobileが開発


台湾のCommtiva Technology (康法科技)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「SHARP M1 (FS8001)」を発表した。

Foxconn Technology Group (鴻海科技集団)の中核企業でHon Hai Precision Industry (鴻海精密工業)の子会社であるSHARPのブランドを冠した台湾向けスマートフォンである。

OSにはAndroid 6.0.1 Marshmallow Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のMediaTek MT6753である。

CPUはオクタコアで動作周波数は1.3GHzとなっている。

ディスプレイは約5.5インチFHD(1080*1920)LTPS液晶を搭載している。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約1300万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/700(B28) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)にも対応している。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

外部メモリを利用可能で、microSDカードスロットを搭載する。

電池パックは内蔵式で、容量が2600mAhとなっている。

カラーバリエーションは花嫁白と純愛粉の2色展開である。

ハードウェアの開発はFoxconn Technology Group傘下のFIH Mobile (富智康集団)が手掛け、製造はFoxconn Technology Group傘下のShenzhen Fu Tai Hong Precision Industry (深圳富泰宏精密工業)が担当する。

2016年8月15日に台湾の移動体通信事業者であるChunghwa Telecom (中華電信)などを通じて発売することが決まっており、価格は8,990台湾ドル(約29,000円)に設定されている。

sharpm1
SHARP Mobile Taiwan

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK