スポンサーリンク

SoftBankが3CC CA・256QAM・4×4 MIMOに対応したXperia XZ (601SO)を発表


SoftBankはSony Mobile Communications製のFDD-LTE/TD-LTE/AXGP(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「Xperia XZ (601SO)」を発表した。

グローバル向けに発表されているSony Xperia XZのSoftBank版となるスマートフォンである。

OSにはAndroid 6.0.1 Marshmallow Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 820 (MSM8996)を搭載する。

CPUはデュアルコアの2.2GHzとデュアルコアの1.6GHzで計クアッドコアとなる。

ディスプレイは約5.2インチFHD(1080*1920)液晶を搭載している。

カメラはリアに約2300万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RS、フロントに約1320万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RSを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/ 1700(B4)/900(B8)/700(B12/B17) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2300(B40)/1900(B39) MHz, AXGP(TD-LTE) 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)や256QAM、4×4 MIMOに対応しており、SoftBankのネットワークでは通信速度が下り最大350Mbps/上り最大37.5Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはシングルSIMで、Nano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やおサイフケータイにも対応する。

地上デジタルテレビ放送としてはISDB-T方式のワンセグやフルセグを視聴できる。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は2900mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンクの4色展開である。

2016年11月上旬以降に販売を開始する。

sb601so
SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK