スポンサーリンク

Samsung Galaxy A5 (2017)となるSM-A520Fがベンチマークに登場、Exynos 7 Octaを搭載


韓国のSamsung Electronicsが開発中のスマートフォン「SM-A520F/DS」がGeekbench Browserの測定結果に登場した。

ベンチマークの測定結果からスペックの一部が判明している。

OSにはAndroid 6.0.1 Marshmallow Versionを採用する。

Motherboardはuniversal7880となっているため、チップセットは64bit対応のSamsung Exynos 7 Octa (Exynos 7880)を搭載することが分かる。

CPUはオクタコアでベンチマーク起動時の動作周波数は1.87GHzとなっている。

システムメモリの容量は3GBである。

ベンチマークスコアはSingle-Core Scoreが817、Multi-Core Scoreが4692となる。

SM-A520F/DSは未発表端末の型番(モデル番号)となっている。

SM-A510シリーズの後継、すなわちSamsung Galaxy A5 (2016)の後継となり、Samsung Galaxy A5 (2017)として発表される可能性が高い。

Samsung Galaxy A5 (2016)は2015年第4四半期に発表されており、Samsung Galaxy A5 (2017)は2016年第4四半期に発表されると思われる。

Geekbench Browser

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK