スポンサーリンク

トリニティがNuAns NEO [Reloaded]を発表、Android 7.1搭載でおサイフケータイ対応


Trinity (トリニティ)はFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「NuAns NEO [Reloaded] (ニュアンス・ネオ・リローデッド)」を発表した。

OSにAndroid 7.1 Nougat Versionを採用したスマートフォンである。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 625 (MSM8953)を搭載し、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはSHARP製の約5.2インチFHD(1080*1920)液晶で、画素密度は428ppiである。

フロントパネルにはAsahi Glass (旭硝子)製のDragonTrailProを採用している。

カメラはリアにSony製の約1300万画素裏面照射型CMOSイメージセンサ、フロントにSony製の約800万画素裏面照射型CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1800(B3)/ 1700(B4/B9)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B26)/ 700(B12/B17/B28) MHz, W-CDMA 2100(I)/1800(III)/1700(IX)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)に対応し、au VoLTEを利用できる。

SIMカードはMicro SIM (3FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やおサイフケータイにも対応する。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える

IPX4に準拠した防滴性能やIP5Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックの容量は3450mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cで、急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0に対応している。

指紋認証に対応しており、セキュリティ性能を高めている。

2017年5月より出荷を開始する予定で、本体となるCORE単体の価格は49,800円(税込)に設定されている。

arenot、Amazon.co.jp、スマラボ、東急ハンズ、ビックカメラ、二子玉川 蔦屋家電、ヤマダ電機、ロフト、Y!mobileで取り扱うことが決まっている。

nuansneo_new
nuansneo_new_2
Trinity

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK