スポンサーリンク

前面に約2000万画素カメラを搭載したスマートフォンGIONEE A1 Plusを発表


中国のGionee Communication Equipment (深圳市金立通信設備)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「GIONEE A1 Plus (金立A1 Plus)」を発表した。

Selfie (自分撮り)にフォーカスした新シリーズのスマートフォンである。

OSにはAndroid 7.0 Nougat VersionをベースとしたGIONEE OSを採用する。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio P25 (MT6757T)で、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.0インチFHD(1080*1920)IPS液晶を搭載している。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサと約500万画素CMOSイメージセンサのデュアルカメラ、フロントに約2000万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応する。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のSIMカードスロットを備えている。

Bluetoothや無線LANにも対応している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

電池パックは内蔵式で、容量は4550mAhとなっている。

フロントには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

2017年4月に販売を開始する予定で、価格は499ユーロ(約59,000円)に設定されている。

a1plus
GIONEE

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK