スポンサーリンク

ミャンマーのプリペイドSIMカード、実名登録の期限まで迫る


myanmar_yangon

ミャンマー(ビルマ)でプリペイドSIMカードの実名登録の期限が迫っている。

ミャンマーの政府機関で電気通信分野を管轄する運輸・通信省の郵電局、ミャンマーの移動体通信事業者であるMyanma Posts & Telecommunications (ミャンマー国営郵便・電気通信事業体:MPT)、Telenor Myanmar、Ooredoo Myanmarは公式ウェブサイトやSNSなどを通じて、プリペイドSIMカードの利用者に対して実名登録を促している。

実名登録は2017年3月31日より完全に義務化となるため、2017年3月31日までにプリペイドSIMカードの利用者は実名登録を完了する必要がある。

したがって、2017年4月1日以降は実名登録が未完了のプリペイドSIMカードは原則として無効化される。

プリペイドSIMカードの実名登録は移動体通信事業者各社の取扱店や公式ウェブサイト、提携銀行など様々な窓口で受け付けており、プリペイドSIMカードの回線情報に利用者の個人情報を登録し、不正利用などを防ぐ狙いがある。

登録必須の情報は名前とNRC番号またはパスポート番号となり、住所は任意で登録できる。

なお、ミャンマー国籍の場合はNRC番号の登録のみ受け付け、外国人のみポスポート番号の登録を受け付ける。

MPT – SIM Registration
Telenor Myanmar – SIM Registration
Ooredoo Myanmar – SIM Registration

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK