スポンサーリンク

仏領ポリネシアの携帯電話事業者Viniが4G LTEサービスを開始、まずはタヒチから


vini

仏領ポリネシアの移動体通信事業者であるViniは4GとしてLTEサービスの提供を開始した。

周波数はFDD-LTE方式の800MHz帯(Band 20)を使用している。

LTEサービスの開始当初は提供エリアがタヒチ島のみとなり、具体的にはタヒチ島の首都であるパペーテやその近郊都市のファアア、ピュナオイア、ピラウ、アリューの一部である。

主に沿岸部のシャルル・ド・ゴール通り沿いでLTEサービスが整備されている。

LTEサービスを使うためには新しいSIMカードが必要で、赤色のSIMカードであればLTEサービスに対応済みで、白色のSIMカードであれば交換が必要と案内している。

ViniはLTEサービスに対応したスマートフォンとしてAlcatel PIXI 4 (5)HUAWEI Honor 5XSamsung Galaxy J3 (2016)を取り扱っている。

端末単体の販売価格はAlcatel PIXI 4 (5)が13,900フレンチパシフィックフラン(約14,000円)、HUAWEI Honor 5Xが33,900フレンチパシフィックフラン(約35,000円)、Samsung Galaxy J3 (2016)が25,900フレンチパシフィックフラン(約26,000円)に設定されている。

仏領ポリネシアでLTEサービスを商用化した移動体通信事業者はViniが初めてとなる。

Vini

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK