スポンサーリンク

中国移動が2.0GHz帯でTD-LTEを導入へ、TD-SCDMAから転用


中国最大の移動体通信事業者であるChina Mobile Communications (中国移動通信)は2.0GHz帯でTD-LTE方式を導入することが分かった。

2.0GHz帯ではTD-SCDMA方式を運用しているが、2.0GHz帯の一部をTD-LTE方式に転用する見通しである。

China Mobile Communicationsが導入する2.0GHz帯のTD-LTE方式はBand 34となる。

2.0GHz帯の一部をTD-LTE方式に転用する具体的なスケジュールは不明であるが、商用サービスで2.0GHz帯のTD-LTE方式を導入する移動体通信事業者は世界初となる見込み。

China Mobile CommunicationsはTD-LTE方式の2.6GHz帯(Band 38)、2.5GHz帯(Band 41)、2.3GHz帯(Band 40)、1.9GHz帯(Band 39)を導入済みで、さらに新たな周波数をTD-LTE方式で利用することになる。

また、2.0GHz帯におけるTD-LTE方式の導入に先立ち、Gionee Communication Equipment (深圳市金立通信設備)、Nubia Technology (努比亜技術)、Samsung Electronicsなどが2.0GHz帯のTD-LTE方式に対応したスマートフォンを発表済みもしくは発表予定である。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK