スポンサーリンク

台湾之星が台湾で初めて4×4 MIMOを導入、台湾最速の下り最大375Mbpsも


台湾の移動体通信事業者であるTaiwan Star Telecom (台湾之星電信)はLTEサービスの通信速度を高速化すると発表した。

Taiwan Star TelecomのLTEサービスではFDD-LTE方式の2.6GHz帯(Band 7)で20MHz幅、900MHz帯(Band 8)で10MHz幅を使用し、これまでCA_7A-8Aの組み合わせでキャリアアグリゲーション(CA)を導入して通信速度を下り最大225Mbpsで提供している。

新たに4×4 MIMOを導入することを発表しており、台湾の移動体通信事業者としては初めて4×4 MIMOを導入することになる。

4×4 MIMOは2.6GHz帯の搬送波のみで導入し、2.6GHz帯の搬送波では通信速度が下り最大150Mbpsから下り最大300Mbpsに高速化する。

さらに、4×4 MIMOとCAを同時に利用することも可能とする計画で、通信速度は下り最大225Mbpsから下り最大375Mbpsへの高速化が予定されている。

なお、下り最大375Mbpsは台湾におけるLTEサービスでは最速の通信速度となる。

Taiwan Star Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK