スポンサーリンク

インド国内でインド製iPhone SEの流通が始まる


インドにおいて同国で製造されたApple iPhone SEの流通が開始していることが分かった。

米国のAppleは台湾のWistron (緯創資通)傘下でインドのICT Service Management Solutions (India)と製造契約を交わしており、2017年5月よりICT Service Management Solutions (India)がインドのカルナータカ州・バンガロールで保有する工場においてApple iPhone SEの製造を開始している。

iPhoneシリーズのスマートフォンを初めてインド国内で製造することになり、ICT Service Management Solutions (India)で製造されたApple iPhone SEはすでに消費者の手に渡っているという。

まずは試験的な意味合いも兼ねているため、ICT Service Management Solutions (India)での製造開始当初は製造台数が限定的となる模様で、ICT Service Management Solutions (India)で製造されたApple iPhone SEはインドで流通するApple iPhone SEのうちわずかとされている。

ICT Service Management Solutions (India)の製造工場があるバンガロールではICT Service Management Solutions (India)で製造されたApple iPhone SEが流通しているとの報道があり、実際にバンガロールではICT Service Management Solutions (India)が製造したApple iPhone SEの流通が確認されている。

なお、ICT Service Management Solutions (India)で製造されたApple iPhone SEはリアパネルにAssembled in Indiaとプリントされており、容易に判別することができる。

iphonese_02
The Indian Express

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK