スポンサーリンク

KDDIとサムスン電子が5Gを利用した実験で190km超の移動中にハンドオーバー成功


au5g

KDDIは韓国のSamsung Electronicsと第5世代移動通信システム(5G)を利用した実験で、時速190km超での車両走行中におけるハンドオーバーに成功したと発表した。

韓国の京畿道龍仁市に位置するEverland SPEED WAYで構築した28GHz帯の実験システムを活用し、2017年8月25日に時速192kmで複数の基地局間をハンドオーバーすることに成功したという。

また、時速205kmでの車両走行中における5Gのデータ通信に成功したことも明らかにしている。

Samsung Electronicsによると車両走行中における5Gのデータ通信では、時速205kmが2017年9月7日時点で世界最速とのことである。

KDDIはコネクテッドカーなどの高速移動環境下における5Gの活用を推進し、新たなサービスの創出を目指すという。

なお、28GHz帯は5G向け周波数の有力な候補のひとつであり、世界各地で28GHz帯を利用した実験が進められている。

KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK