スポンサーリンク

NTTドコモがTata Sonsから仲裁裁定金を受領、Tata Teleservicesは携帯電話事業から撤退


tatadocomo

NTT DOCOMOは同社が保有するTata Teleservicesの株式に係るインド・デリー高等裁判所による執行判決に基づいて、Tata Teleservicesの親会社であるTata Sonsより2017年10月31日付けで仲裁裁定金を受領したと発表した。

受領額は1,449億円で、仲裁裁定金の受領と同時にNTT DOCOMOが保有するTata Teleservicesの株式すべてをTata Sonsおよび同社が指定した会社へ引き渡した。

Tata Teleservicesの株式譲渡に伴い、NTT DOCOMOはTata Teleservicesを持分法の適用範囲から除外する。

NTT DOCOMOは2018年3月期の第3四半期連結会計期間の連結損益計算書において、仲裁裁定金の1,449億円を営業外収益に計上する予定である。

また、2018年3月期の連結業績予想におけるNTT DOCOMOに帰属する当期純利益を6,550億円から7,400億円に修正した。

Tata Teleservicesは赤字が続く携帯電話事業をBharti Airtelに無償で譲渡し、携帯電話事業から撤退することが決まっている。

NTT DOCOMO

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK