スポンサーリンク

豪州のSingtel Optusが2017年Q3の業績を発表


optus

シンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel)の全額出資子会社で豪州のSingtel Optusは2017年第3四半期の業績を発表した。

2017年第3四半期の売上高は前年同期比0.2%増の21億1,700万豪ドル(約1,851億円)、EBITDAは前年同期比4.4%増の6億6,100万豪ドル(約578億円)、EBITDAマージンは前年同期比1.2ポイント増の31.2%、純利益は前年同期比4.4%減の1億7,500万豪ドル(約153億円)となった。

また、2017年第3四半期末の事業データも公開されている。

携帯電話サービスの加入件数は音声通話契約のポストペイド契約が前期から増加して508万件、音声通話契約のプリペイド契約が前期から減少して370万件、データ通信契約が前期から増加して105万件、合計は前期から増加して983万件となった。

音声通話契約のポストペイド契約の比率は51.7%、音声通話契約のプリペイド契約の比率は37.6%、音声通話契約の合計は89.3%、データ通信契約の比率は10.7%である。

LTEサービスを利用できる4G契約は605万6,000件に達し、4G契約の比率は61.6%となった。

豪ドル(AUD)ベースの音声通話契約のARPU (1回線当たり月間平均収入)はポストペイド契約が46豪ドル(約4,022円)、プリペイド契約が21豪ドル(約1,836円)となり、いずれも低下傾向にある。

Singtel

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK