スポンサーリンク

KDDIがLTE-Mに対応した通信モジュールKYW01を提供


KDDIは通信モジュール「KYW01」の提供を開始すると発表した。

3GPPの標準規格でIoT向けのLTE UE Category M1 (eMTC:以下、LTE-M)に対応した超小型の通信モジュールである。

LTE-Mの特徴である低消費電力技術のeDRX (extended Discontinuous Reception)およびPSM (Power Saving Mode)、カバレッジ拡張技術のCoverage Enhancementに対応し、単三電池2本分の電源で10年以上の駆動を実現するほか、山間部や建物の奥などでも通信可能となる。

通信モジュールの簡素化と独自のセラミック基板技術によって、一定の耐久度を維持したうえで日本国内の通信事業者が提供するLTEまたはLTE-Mに対応した通信モジュールでは最小となる1円玉大サイズの超小型化を実現した。

KDDI IoTコネクト デバイス管理に対応しており、ファームウェア更新、状態監視、省電力機能の設定などの作業を遠隔で行える。

LTE UE Category M1に対応し、通信速度は下り最大1Mbps/上り最大1Mbpsとなる。

データ通信、位置測位のGPSおよびGLONASS、eDRX、PSM、Coverage Enhancement、KDDI IoTコネクト デバイス管理、SIMセキュリティなどの機能に対応する。

2018年1月より法人顧客向けに提供を開始する予定である。

kyw01
KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK