スポンサーリンク

LGエレクトロニクスがCES 2018でLG Payに対応したLG K10 (2018)を発表へ


韓国のLG Electronicsはスマートフォン「LG K10 (2018)」を米国のラスベガスで開催されるCES 2018で発表することが韓国メディアの報道で分かった。

LG K10 (2018)はLG K10 (2017)の後継で中低価格帯のスマートフォンとなる見込みで、スペックの一部も伝えられている。

CPUはクアッドコアで動作周波数は1.2GHzとなる。

ディスプレイは約5.3インチFHD(1080*1920)液晶を搭載する。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBとなる。

電池パックの容量は3000mAhである。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

LG Electronicsが展開するモバイル決済サービスのLG Payにも対応するという。

これまでLG Payは高価格帯のスマートフォンのみ対応していたが、LG K10 (2018)は中低価格帯のスマートフォンとしては初めてLG Payに対応する見通し。

2018年の早い時期に韓国で販売を開始すると思われる。

ETNews

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK