スポンサーリンク

バーレーンの携帯電話事業者VIVA BahrainがMena Telecomの買収で最終合意


バーレーンの移動体通信事業者(MNO)であるVIVA BahrainとクウェートのKuwait Finance House (KFH)はバーレーンの移動体通信事業者であるMena Telecomの売買に関して最終合意に達したと発表した。

合意に基づいて、VIVA BahrainはKuwait Finance HouseなどからMena Telecomの全株式を取得して完全子会社化する。

VIVA BahrainはサウジアラビアのSaudi Telecom Company (STC)の完全子会社で、2010年よりバーレーン国内で移動体通信事業や固定通信事業を手掛けている。

バーレーン国内では周波数資産として2.1GHz帯、1.8GHz帯、900MHz帯における117.4MHz幅を保有している。

一方、Mena TelecomはクウェートのKuwait Finance Houseの子会社で、出資比率はKuwait Finance Houseのバーレーン法人であるKuwait Finance House (Bahrain)が99%、Baytik Investment Oneが1%となっている。

2003年に社名をMena Broadband Servicesとして設立されたが、2005年3月に社名をMena Telecomへ変更しており、ブランド名をMenatelecomとして展開している。

バーレーン国内では無線通信による固定通信事業を展開し、周波数資産は3.5GHz帯における90MHz幅を保有する。

3.5GHz帯では音声通話サービスの提供が認められないなど制約は存在するが、VIVA BahrainはMena Telecomの周波数資産も確保することになる。

取引は2018年1月上旬中に完了する予定である。

VIVA Bahrain

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK