スポンサーリンク

未発表のHUAWEI ANE-LX1がFCC通過、19:9の切り欠きディスプレイを採用か


Huawei Technologies (華為技術)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「HUAWEI ANE-LX1」が2018年2月6日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはQISANE-LX1。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANやNFCの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応し、2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯も利用できる。

HUAWEI ANE-LX1は未発表端末の型番(モデル番号)である。

FCCでは様々な情報が公開されている。

端末図が掲載されており、上部に切り欠きがあるディスプレイの採用を示唆している。

筐体サイズ(長さ×幅)は約148×70mmとなっている。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/800(B20) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、FCCで認証を受けた周波数のみではCA_7Cを利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のSIMカードスロットを備える。

電池パックの型番はHB366481ECWで、容量は2900mAhとなる。

ラベルは電磁表示を採用しており、FCCでは端末背面図とラベルを表示したスクリーンショットが公開されている。

これまでにアスペクト比が18:9よりさらに縦長の19:9になるとの情報がある。

FCCで公開されるスクリーンショットは歪んでいる場合もあるが、ほぼ19:9であることも確認できる。

ハイエンドではないもののミッドレンジ以上のスマートフォンで、少なくとも欧州向けに投入されると思われる。



FCC – HUAWEI ANE-LX1

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK