スポンサーリンク

ミャンマーのMytelがファーストコールセレモニーを開催、国軍最高司令官も出席


ミャンマー(ビルマ)で移動体通信事業に新規参入するTelecom International Myanmarはファーストコールの成功を祝う式典を開催した。

ミャンマーの首都・ネピドーに位置するケンピンスキー ホテル ネーピードーにおいて、Telecom International Myanmarのネットワークでのファーストコールの成功を祝う式典を開催し、携帯電話サービスの商用化に向けた準備が進んでいることをアピールしている。

式典にはミャンマー軍の最高司令官も出席しており、ミャンマーとベトナムの協力関係の成果と称えた。

ミャンマーとベトナムの企業がTelecom International Myanmarに出資しており、経営にはミャンマー軍も関与する。

Telecom International Myanmarの出資者と出資比率はベトナムのViettel Global Investmentが49%で筆頭株主、ミャンマーのStar Highが28%、ミャンマーのMyanmar National Telecom Holdingが23%となる。

このうちViettel Global Investmentはベトナムの政府機関である国防省(Ministry of National Defence:MOD)が出資し、ベトナム共産党中央軍事委員会(Central Military Commission of the Communist Party of Vietnam)が運営するViettel Group (軍隊産業・通信グループ)の子会社で、Viettel Groupの国際事業を担う。

Star Highはミャンマーの政府機関である国防省(Ministry of Defence)が出資し、ミャンマー軍が事実上の経営権を握るMyanmar Economic Corporation (ミャンマー経済公社:MEC)の子会社である。

なお、国防省がミャンマー軍を統括しているが、国防大臣の任命権はミャンマー軍の最高司令官が有する。

Myanmar National Telecom Holdingはミャンマーの11社の企業が出資するコンソーシアムで、Telecom International Myanmarを設立する目的で先に設立された。

Telecom International Myanmarはミャンマーの最大都市・ヤンゴンに本社を置き、ブランド名をMytelとして2018年3月に携帯電話サービスを商用化する計画である。

Mytel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK