スポンサーリンク

タイのSamart I-MobileがLTEスマートフォンi-mobile Y1を発表


y1 タイのSamart I-MobileはFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「i-mobile Y1」を発表した。 OSにAndroid 6.0 Marshmallow Versionを採用したスマートフォンである。 チップセットはSpreadtrum SC9832を搭載する。 CPUはクアッドコアで動作周波数は1.3GHzとなっている。 ディスプレイは約5.5インチHD(720*1280)IPS液晶を搭載している。 カメラはリアに約 ...- more -

中国電信がフロントにデュアルピクセルカメラを搭載したMeitu T8の取り扱いを開始


meitut8 中国の移動体通信事業者であるChina Telecom (中国電信)はXiamen Meitu Mobile Technology (厦門美図移動科技)製のスマートフォン「Meitu T8 MP1602 (美図T8 MP1602)」の取り扱いを開始した。 自分撮り(Selfie)機能が強化されたスマートフォンである。 OSにはAndroid 6.0 Marshmallow VersionをベースとするMEIOS3.5を採用している。 チ ...- more -

au向けGalaxy S8 SCV36となるSM-G950Jがサムスン公式に登場


smg950j Samsung Electronicsの日本向け公式ウェブサイトのサポートページに「SM-G950J」の型番が登場した。 サポートページではスマートフォンのカテゴリにSM-G950Jの型番が登場したことを確認できる。 SM-G950Jは未発表のスマートフォンのメーカー型番となるため、サポートページでは取扱説明書をはじめとする機種別の各種コンテンツは公開されていない。 SM-G950シリーズはグローバル向けに発表済みのSamsung Ga ...- more -

米国Verizon向けSamsung Galaxy J3 (2017)となるSM-J327VがFCC通過


j3emerge Samsung Electronics製のFDD-LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「SM-J327V」が2017年4月14日付けでFCCを通過した。 FCC IDはA3LSMJ327V。 モバイルネットワークはFDD-LTE 1900(B2)/1700(B4)/850(B5)/700(B13) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0) MH ...- more -

サムスン電子が韓国向けスマートフォンSM-G888N0を開発中


samsungelectronics_southkorea Samsung Electronics製のFDD-LTE端末「SM-G888N0」が2017年4月14日付けでWi-Fi認証を通過した。 無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acで認証を受けている。 2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯の無線LANも利用できる。 SM-G888N0は未発表端末の型番(モデル番号)である。 OSにAndroid 6.0 Marshmallow Versionを採用したスマートフォンと ...- more -

au向けスマートフォンGalaxy S8 SCV36がFCC通過


galaxys8 KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けのSamsung Electronics製のFDD-LTE/TD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「SCV36」が2017年4月14日付けでFCCを通過した。 FCC IDはA3LSCV36。 モバイルネットワークはFDD-LTE 850(B5)/800(B26)/700(B13/B17) MHz, TD-LTE 2500(B41) ...- more -

東ティモールにおける2016年末の携帯電話加入件数が判明


timortelecom 東ティモール(ティモール・レステ)の政府機関である財務省(Ministry of Finance Timor-Leste)は2016年第4四半期末の東ティモールにおける携帯電話サービスの加入件数を発表した。 東ティモールの携帯電話事業者はTimor Telecom、TELKOMCELブランドを展開するTelekomunikasi Indonesia International (TL)、Telemorブランドを展開するViettel T ...- more -

韓国のKTがLTEネットワークに電池節約技術を導入、持続時間を45%向上へ


kt_olleh 韓国の移動体通信事業者であるKTは同社のLTEネットワークに電池節約技術を導入したと発表した。 Connected mode Discontinuous Reception (以下、CDRX)技術を適用し、スマートフォンの使用時間を最大で45%も向上するという。 CDRX技術の適用はネットワーク側の高度化により端末の電池持続時間を向上するとしており、端末の通信機能を定期的に省電力モードに移行させて電池の使用量を低減するとのことである。 ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年4月
    « 3月   5月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK