スポンサーリンク

HTC製スマートフォン2Q55500が技適通過、au向けHTC U12の可能性も


総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の技術基準適合証明または工事設計認証を2018年1月後半、2018年2月前半、2018年2月後半に通過した端末が公示された。

HTC (宏達国際電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「2Q55500」が2018年2月23日付けでBureau Veritas Japanを通過したことが分かった。

工事設計認証番号は022-180075。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/1500(B11/B21)/ 800(B19/B26)/700(B28) MHz, TD-LTE 3500(B42)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANは2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯も利用できる。

2Q55500は未発表端末のメーカー型番である。

対応周波数からはKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向け、NTT DOCOMO向け、SIMロックフリーの可能性が想定できるが、HTC U11と同様にまずはKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが取り扱う可能性が高いと思われる。

2Q55シリーズとしては2Q55100、2Q55200、2Q55300の存在も判明している。

グローバルで展開するハイスペックなスマートフォンとなる見込みで、HTC U11の後継でHTC U12として発表される可能性がある。

総務省 電波利用ホームページ
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK