スポンサーリンク

28GHz帯の5Gに対応したSamsung SFG-D0100がFCC通過


Samsung Electronics (サムスン電子)製の5G端末「SFG-D0100」が2018年4月30日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはA3LSFG-D0100。

モバイルネットワークの周波数は27.50~28.35GHzで認証を受けている。

また、無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応しており、2.4GHz帯の無線LANを利用できる。

SFG-D0100は未発表端末の型番である。

屋内向けのCustomer Premises Equipment (顧客構内設備:以下、CPE)となる。

FCCで認証を受けた周波数より、第5世代移動通信システム(5G)の有力な候補周波数帯とされる28GHz帯のミリ波(mmWave)に対応することが分かる。

米国ではVerizon Wirelessが2018年に固定無線アクセス(Fixed Wireless Access:FWA)向けに5Gを商用化する計画で、Samsung Electronicsが通信設備などをVerizon Wirelessに納入することが決定している。

SFG-D0100はVerizon Wirelessの5Gで提供する屋内向けCPEとなる可能性が高い。

FCCではラベルと端末図が公開されている。

ラベルからは韓国(南朝鮮)、中国、ベトナムの工場で製造することが分かっている。


FCC – Samsung SFG-D0100

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK