スポンサーリンク

GSMA、アジアが世界最大の5G採用地域になると予測


GSM Association (GSMA)は報告書を通じてアジア太平洋地域が世界最大の第5世代移動通信システム(5G)の採用地域になると予測した。

GSM Associationが発刊したThe Mobile Economy:Asia Pacific 2018において、日本、韓国(南朝鮮)、中国、豪州などの主導のもと、2025年にはアジア太平洋地域が世界最大の5Gの採用地域になるとの見通しを示した。

アジア太平洋地域の主要な国と地域では着々と5Gの商用化に向けた準備を進めており、これらの国と地域で2019年より5Gの商用化が実現すれば、2025年までにアジア太平洋地域における5Gの加入件数は6億7,500万件に達する見込みという。

世界中の5Gの加入件数のうち半数をアジア太平洋地域が占めることになり、アジア太平洋地域が世界最大の5Gの採用地域となる。

アジア太平洋地域では先進的なモバイルネットワークが急増しており、5Gの商用化に先立ち第4世代移動通信システム(4G)の高度化も進んでいる。

4Gでは日本および韓国は世界で最も先進的な国のひとつで、ほかにもベトナム、タイ、インドネシア、インドでも4Gへの移行率が高まっている。

GSM Association

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK