スポンサーリンク

台湾でSony Xperia XZ2 Premiumを7月18日に発売、価格も案内


Sony Mobile Communicationsの台湾支社であるSony Mobile Communications International AB Taiwan Branch (瑞典商索尼行動通訊国際股份有限公司台湾分公司)はスマートフォン「Sony Xperia XZ2 Premium」を台湾で発売すると明らかにした。

Sony Mobile Communicationsのフラッグシップとなるハイスペックなスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform (SDM845)で、CPUはオクタコアとなる。

ディスプレイはTRILUMINOS Display for mobileやX-Reality for mobileの技術を導入した約5.8インチ4K(2160*3840)液晶を搭載している。

4Kクラスの高解像度かつHDRに対応したディスプレイとなっている。

カメラはリアにMotion Eyeデュアルカメラと呼ばれる約1900万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RSと約1200万画素積層型CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約1300万画素積層型CMOSイメージセンサSony Exmor RSを備える。

リアのデュアルカメラは約1900万画素積層型CMOSイメージセンサがカラーセンサ、約1200万画素積層型CMOSイメージセンサがモノクロセンサとなる。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応する。

LTE DL Category 18およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した5コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(5CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはCAおよび64QAMを利用可能で、通信速度は下り最大1.2Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

下りのCAは台湾では4コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(4CC CA)を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は64GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は3540mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

Wireless Power Consortium (WCP)のQiに準拠した無線充電や急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0を利用できる。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションは鉻黒と鉻銀の2色から選べる。

台湾では2018年7月18日より発売し、移動体通信事業者(MNO)のChunghwa Telecom (中華電信)が取り扱うことも決まっている。

価格は28,990台湾ドル(約105,000円)に設定されている。


Sony Mobile Taiwan

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK