スポンサーリンク

Android Oreo (Go edition)版のMoto E5 Playを発表


中国のLenovo (聯想)傘下で米国のMotorola MobilityはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Moto E5 Play with Android Oreo (Go edition)」を発表した。

OSにAndroid 8.1 Oreo VersionをベースとするAndroid Oreo (Go edition)を採用したスマートフォンである。

Moto E5 Playとはソフトウェアのみならず、ハードウェアの一部も変更されている。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 425 (MSM8917)を搭載する。

CPUはクアッドコアで動作周波数が1.4GHzとなっている。

ディスプレイは約5.3インチFWVGA++(480*960)液晶である。

カメラはリアに約800万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応する。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)も利用できる。

システムメモリの容量は1GBで、内蔵ストレージの容量は16GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載する。

電池パックは内蔵式で、容量は2100mAhとなっている。

カラーバリエーションはBlack、Dark Lake、Flash Grayの3色展開である。

欧州および中南米の一部の市場で2018年7月より販売を開始する予定で、ユーロ圏における価格は109ユーロ(約14,000円)に設定されている。


Motorola Mobility

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK