スポンサーリンク

米国のAT&T、2018年中に5Gを開始する都市を追加で公表



米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T Mobilityは2018年末までに12都市で移動体通信向けに第5世代移動通信システム(5G)を商用化する計画を明らかにしている。

これまでに、12都市のうち3都市が公表されており、AT&T Mobilityが本社を置くテキサス州ダラスのほか、テキサス州ウェーコやジョージア州アトランタで2018年末までに5Gを商用化すると案内していた。

また、ほかの都市は数ヶ月のうちに順次公表する予定としていたが、新たに3都市を追加で公表した。

追加で公表された都市はノースカロライナ州シャーロット、ノースカロライナ州ローリー、オクラホマ州オクラホマシティである。

これで、2018年末までに5Gを商用化する12都市のうち6都市が公表されたことになる。

5Gに対応した端末としてはデータ通信専用端末を最初に投入し、2019年の早い時期にスマートフォンなどより多くの端末を投入する見込みという。

AT&T

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK