スポンサーリンク

ZTE Blade V9がFCCの認証を取得、事業再開後初の通過


ZTE (中興通訊)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Blade V9」が2018年7月20日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはSRQ-BLADEV9。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7)/1900(B2)/1700(B4)/850(B5) MHz, W-CDMA 1900(II)/1700(IV)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応し、2.4GHz帯のみ利用できる。

Blade V9はZTE Blade V9として発表されている。

米国政府はZTEに対して2018年4月15日付けで厳しい制裁措置を発動し、ZTEは主要な事業の停止に追い込まれてFCCの認証も停止した。

2018年4月15日までに認証作業が終了したと思われる一部の端末は2018年4月15日以降もFCCの認証を通過していたが、それらを除くと新規にFCC IDの取得を伴うFCCの認証は中断していた。

米国政府は2018年7月13日付けでZTEに対する厳しい制裁措置を解除し、その後にZTEは全面的に事業を再開した。

事業の再開後、ZTE製の端末としてはZTE Blade V9が初めてFCCの認証を通過したことになる。

なお、FCCではラベルと端末背面画像が公開されている。


FCC – ZTE Blade V9

■関連記事
ZTEが3ヶ月ぶりに事業再開

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK