スポンサーリンク

国際向け4G LTE版のSamsung Galaxy WatchとなるSM-R815FがFCCの通過


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/W-CDMA端末「SM-R815F」が2018年7月24日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはA3LSMR815F。

モバイルネットワークはFDD-LTE 850(B5) MHz, W-CDMA 850(V) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応し、2.4GHz帯のみ利用できる。

SM-R815Fは未発表端末の型番(モデル番号)で、スマートウォッチとなる。

ペットネームはSamsung Galaxy Watchであることが明らかにされている。

また、FCCではSM-R815Fと同一の端末としてSM-R815Nも認証を受けており、SM-R815FとSM-R815Nは電気的に共通と分かる。

いずれもモバイルネットワーク対応版のSamsung Galaxy Watchとなり、SM-R815Fが国際向け、SM-R815Nが韓国(南朝鮮)向けと思われる。

FCCではラベルと端末背面図が公開されている。

Samsung Electronicsがベトナム国内で保有する工場において製造する。


FCC – Samsung SM-R815F

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK