スポンサーリンク

米国向けにLTE-Mに対応したSamsung SmartThings Trackerを発表


韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)の米国法人であるSamsung Electronics AmericaはFDD-LTE端末「Samsung SmartThings Tracker」を米国向けに発表した。 LTE-Mに対応したトラッカーである。 米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T MobilityおよびVerizon Wirelessが商用化したLTE-Mに対応している。 LT ...- more -

ウェアラブルデバイス向けQualcomm Snapdragon Wear 3100 Platformを発表


米国のQualcommの全額出資子会社であるQualcomm Technologiesはウェアラブルデバイス向けプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Wear 3100 Platform」を発表した。 Snapdragonシリーズのウェアラブルデバイス向けプラットフォームである。 型番はMSM8909wまたはAPQ8009wとなる。 CPUはクアッドコアのARM Cortex-A7で、動作周波数は1.2GHzとなって ...- more -

曲がる有機ELディスプレイを搭載したウェアラブルスマホnubia-αを披露


中国のNubia Technology (努比亜技術)はスマートフォン「nubia-α」を公開した。 ウェアラブルスマートフォンと称するリストバンド型のスマートフォンである。 ディスプレイはタッチパネルに対応した縦長の有機ELを採用しており、曲げることができる。 本体にはカメラを搭載するなど、スマートフォンとしての機能を完全に備える。 LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)にも対応している。 ...- more -

サムスン電子、韓国でSamsung Galaxy Watchを発売


韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートウォッチ「Samsung Galaxy Watch」を韓国で発売したと発表した。 Samsung Galaxy WatchはGalaxyブランドを冠したスマートウォッチで、BluetoothモデルとLTEモデルを用意しており、サイズはそれぞれ46mmと42mmの2種類から選択できる。 Bluetoothモデルは2018年8月27日より販売を開始しており、L ...- more -

4G LTEに対応したスマートウォッチSamsung Galaxy Watchを発表


韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)はFDD-LTE/W-CDMA端末「Samsung Galaxy Watch」を発表した。 Galaxyブランドを冠したスマートウォッチである。 LTE版とBluetooth版を用意しており、いずれも42mmと46mmを選べる。 OSにはTizen OSをベースとするWearable OS 4.0を採用している。 チップセットはSamsung Exynos 9110 ...- more -

4G LTE版のSamsung Galaxy WatchとなるSM-R805NとSM-R815Nが韓国の認証を通過


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/W-CDMA端末「SM-R805N」および「SM-R815N」が2018年7月30日付けで国立電波研究院(NATIONAL RADIO RESEARCH AGENCY:RRA)の認証を通過した。 認定番号はSM-R805NがR-CMM-SEC-SMR805N、SM-R815NがR-CMM-SEC-SMR815N。 モバイルネットワークはFDD-LTE/W-CDM ...- more -

国際向け4G LTE版のSamsung Galaxy WatchとなるSM-R815FがFCCの通過


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/W-CDMA端末「SM-R815F」が2018年7月24日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。 FCC IDはA3LSMR815F。 モバイルネットワークはFDD-LTE 850(B5) MHz, W-CDMA 850(V) MHzで認証を受けている。 Bluetoothや無線LA ...- more -

スマートウォッチSamsung Galaxy Watch (SM-R800)がFCC通過


Samsung Electronics (サムスン電子)製の腕時計型ウェアラブル端末「SM-R800」が2018年7月23日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。 FCC IDはA3LSMR800。 モバイルネットワークでは認証を受けていない。 Bluetoothや無線LANの周波数で通過している。 無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応 ...- more -








  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK