スポンサーリンク

日本向けにHUAWEI WATCH GTを発表、12月7日に発売



中国のHuawei Technologies (華為技術)の日本法人であるHuawei Technologies Japan (華為技術日本)はスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」を日本市場向けに発表した。

デュアルエンジン低消費電力システムによりGPS測位と心拍センサを起動しても電池が2週間持続するスマートウォッチである。

ディスプレイは約1.39インチで解像度が454*454のAMOLEDを搭載している。

円形のディスプレイで、画素密度は326ppiとなる。

モバイルネットワークは非対応となり、Bluetooth 4.2およびNFC Type A/Bを利用できる。

システムメモリの容量は16MBで、内蔵ストレージの容量は128MBである。

5気圧防水に対応している。

センサ類は加速度センサ、ジャイロセンサ、磁気センサ(コンパス)、心拍センサ、環境光センサ、気圧センサを備える。

Android 4.4 KitKat Version以降のAndroid OSまたはiOS 9.0以降のiOSを採用した端末と接続して利用できる。

スポーツモデルとクラシックモデルを用意している。

カラーバリエーションはスポーツモデルがブラック、クラシックモデルがシルバーである。

日本市場ではスポーツモデルを2018年12月7日、クラシックモデルを2018年12月19日に発売する予定で、市場想定売価はスポーツモデルが24,880円(税抜)、クラシックモデルが25,880円(税抜)に設定されている。


HUAWEI Japan

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK