スポンサーリンク

独自OSを採用したスマートウォッチHUAWEI WATCH GTを発表



中国のHuawei Technologies (華為技術)はスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」を発表した。

OSにHuawei Technologiesが独自開発したLite OSを採用したスマートウォッチである。

ディスプレイは約1.39インチで解像度が454*454のAMOLEDを搭載している。

円形のディスプレイで画素密度は326ppiとなる。

モバイルネットワークは非対応となり、Bluetooth 4.2およびNFC Type A/Bを利用できる。

システムメモリの容量は16MBで、内蔵ストレージの容量は128MBである。

防水性能も備えている。

ケースはBlack Stainless SteelとStainless Steelの2種類で、ストラップはGraphite Black、Saddle Brown、Glacier Gray、Fluorescent Greenの4種類となっている。

Android 4.4 KitKat Version以降のAndroid OSまたはiOS 9.0以降のiOSを採用した端末と接続して利用できる。

欧州における価格はSportモデルが199ユーロ(約26,000円)、Classicモデルが249ユーロ(約32,000円)に設定されている。


Huawei Technologies

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK