スポンサーリンク

ロシア国営のRostecがYota Devicesの株式を売却へ


ロシアの国営企業であるRostecはキプロスのYota Devicesの株式を売却すると発表した。

RostecはYota Holdingを通じてYota Devicesを完全所有するYotaの株式25.1%を保有するが、中国のTrinity World Management (TWM)が主導するコンソーシアムにYotaの株式25.1%を売却することで合意したという。

Yotaの株式25.1%の対価として、Rostecは30億ロシアルーブル(約53億円)以上の現金と証券を受け取る予定である。

取引が完了すれば、Yotaの株主と出資比率は中国のChina Baoli Technologies Holdings (中国宝力科技控股)が40.0%、キプロスのTelconet Capital Limited Partnershipが34.9%、Trinity World Managementが主導するコンソーシアムが25.1%となり、中国の事業体がYotaの株式65.1%を保有することになる。

なお、Yota Devicesは両面ディスプレイを採用したスマートフォンを中心に携帯端末の開発などを手掛ける。

Rostec

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK