スポンサーリンク

中国聯通が北京市で5G基地局を開局


中国の移動体通信事業者(MNO)であるChina United Network Communications (中国聯合網絡通信:China Unicom)は中国の首都・北京市で第5世代移動通信システム(5G)の基地局を開局したと明らかにした。

北京市の郊外に位置する稲香湖の周辺に5Gの基地局を設置している。

中国のHuawei Technologies (華為技術)が協力しており、Huawei Technologiesが開発した通信設備を利用する。

China United Network Communicationsは北京市のほか、天津市、河北省雄安新区、上海市、浙江省杭州市、江蘇省南京市、広東省深圳市で5Gのトライアルを実施すると発表済みで、北京市では5Gのトライアルの一環で5Gの基地局を開局した。

5Gの基地局は3GPP (3rd Generation Partnership Project)で標準仕様の策定が完了したNR方式のNSA (ノンスタンドアローン)に準拠しており、周波数は3.5GHz帯を利用するという。

なお、NR方式は5Gの要求条件を満たすために3GPPで規定された通信方式で、NSAはNR方式の機能のうちLTE方式との連携を含む重要機能を規定している。

China Unicom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK