スポンサーリンク

BlackBerryブランドのスマートフォンBBG100-1およびBBH100-1を準備中


Optiemus Electronics製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「BBG100-1」および「BBH100-1」がインド規格局(Bureau of Indian Standards:BIS)の認証を取得した。

登録番号はR-93002500。

情報通信機器向けのインド規格であるIS 13252(PART 1):2010に合格したことを意味する。

BBG100-1およびBBH100-1は未発表端末の型番(モデル番号)である。

製造元はインドのOptiemus Electronicsとなり、ウッタル・プラデーシュ州のノイダに位置するOptiemus Electronicsの工場で製造する。

Optiemus ElectronicsはインドのOptiemus Infracomと台湾のWistron (緯創資通)の合弁会社で、様々なブランドのスマートフォンの製造を手掛けており、出資比率はOptiemus Infracomが80%、Wistronが20%となっている。

Optiemus InfracomはカナダのBlackBerryとインドを含めた南アジアの4ヶ国におけるBlackBerryブランドのライセンス契約を締結しており、具体的にはインド、スリランカ、ネパール、バングラデシュの4ヶ国ではOptiemus Infracomが総代理店としてBlackBerryブランドのスマートフォンの展開を行う。

インド政府が掲げるMake In Indiaの政策に呼応する狙いもあり、南アジア向けのBlackBerryブランドのスマートフォンはOptiemus Electronicsが保有するインド国内の工場で製造する。

少なくともBBG100-1およびBBH100-1をインドで発売することは決定的となっている。

インドでは2018年8月2日にBlackBerryブランドのスマートフォンに関する発表会を実施するとの情報がある。

インド規格局

■関連記事
BlackBerryがインドのOptiemus Infracomとブランドライセンス契約、Make In India政策に呼応

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK