スポンサーリンク

LGエレクトロニクスが高級スマホLG SIGNATURE Edition (2nd)を発表


韓国(南朝鮮)のLG ElectronicsはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「LG SIGNATURE Edition (2nd)」を発表した。

LG Electronicsがプレミアムブランドとして展開するSIGNATUREブランドを冠した高級なスマートフォンである。

ハードウェアはLG V35 ThinQがベースとなっている。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform (SDM845)で、CPUはオクタコアとなる。

ディスプレイはFullVision Displayと呼ばれる約6.0インチQHD+(1440*2880)有機ELを搭載している。

アスペクト比が18:9のディスプレイとなり、画素密度は538ppiに達する。

カメラはリアに2個の約1600万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

リアのデュアルカメラは標準レンズと超広角レンズのカメラで構成される。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE DL Category 18およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した4コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(4CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはCAにおよび64QAMを利用可能で、通信速度は下り最大1.2Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用する。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は256GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載する。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3300mAhとなっている。

急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0や無線充電を利用できる。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

生体認証は指紋認証と顔認証に対応する。

音響性能が強化されており、デンマークのBang & Olufsen (B&O)がチューニングを手掛けた。

カラーバリエーションはBlackとWhiteの2色展開である。

リアパネルは特殊加工を施したジルコニウムセラミックを採用している。

ジルコニウムセラミックは高級腕時計などにも用いられ、高い耐久性を誇るという。

韓国で販売することが決定しており、2018年7月30日より予約を受け付け、2018年8月13日に発売する予定である。

移動体通信事業者(MNO)を介さず、自給制かつ300台に限定して販売し、価格は1,999,800韓国ウォン(約199,000円)に設定されている。


LG Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK