スポンサーリンク

メキシコで2.6GHz帯の周波数オークションが完了、2社が落札


メキシコで電気通信分野の規制を司る連邦通信院(Instituto Federal de Telecomunicaciones:IFT)は移動体通信向けの2.6GHz帯の周波数オークションを実施した。

周波数オークションの結果が確定しており、連邦通信院は落札者を案内している。

周波数オークションの対象となる周波数範囲は2530.0~2570.0 MHzおよび2650.0~2690.0 MHzのFDDが40MHz幅*2、2575.0~2615.0 MHzのTDDが40MHz幅である。

FDDの40MHz幅*2は10MHz幅*2が4ブロックで、TDDの40MHz幅は20MHz幅が2ブロックとなっている。

入札の結果、AT&T Comunicaciones DigitalesがFDDで連続した2ブロックとTDDで2ブロックの合計4ブロック、Pegaso PCSがFDDで連続した2ブロックのみを取得した。

なお、AT&T Comunicaciones Digitalesは米国のAT&T傘下で、Pegaso PCSはスペインのTelefonica傘下でMovistarブランドを展開している。

FDDはFDD-LTE方式のBand 7、TDDはTD-LTE方式のBand 38で利用する見込み。

連邦通信院

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK