スポンサーリンク

MediaTek Helio P60を搭載したOPPO F9を発表


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「OPPO F9 (CPH1823/CPH1825/CPH1881)」を発表した。

OSにAndroid 8.1 Oreo VersionをベースとするColorOS 5.2を採用したスマートフォンである。

チップセットは64bit対応のMediaTek Helio P60 (MT6771)を搭載している。

CPUはオクタコアで動作周波数が最大2.0GHzとなっている。

ディスプレイは約6.3インチFHD+(1080*2340)LTPS液晶で、画素密度は409ppiとなる。

上部中央には切り欠きがあるが、V字型の切り欠きを採用してフロントのディスプレイ占有率を高めている。

カメラはリアに約1600万画素CMOSイメージセンサと約200万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約2500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はV1がFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/850(B5)/ 800(B20)/700(B28) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、V2がFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/850(B5) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応、V3がFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/ 900(B8)/850(B5) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを搭載している。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)も利用できる。

システムメモリの容量は4GBまたは6GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックはリチウムポリマー電池を内蔵し、容量は3500mAhとなっている。

急速充電のVOOCを利用できる。

生体認証は指紋認証と顔認証に対応している。

カラーバリエーションはSunrise Red、Twilight Blue、Starry Purpleの3色展開となる。


OPPO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK