スポンサーリンク

韓国のSK Telecom、5Gの商用化へ最終段階と発表


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomは第5世代移動通信システム(5G)の商用化に向けて最終段階に突入したと発表した。

SK Telecomは京畿道城南市盆唐区にあるSK Telecomの盆唐社屋において、韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)が開発した商用の5G機器を用いて5Gファーストコールに成功したという。

ファーストコールはデータが正常に送受信できることを確認する最終手順とされている。

ネットワークの重要な要素である基地局・交換機・端末間の連動、各機器間の運用時間を合わせて通信するための同期、加入者がネットワークにアクセスするか判断する認証、LTEネットワークとの連動など商用サービスに必要な事項がファーストコールの主なプロセスに含まれており、SK Telecomは商用の5G機器でファーストコールに成功したと説明している。

通信方式は3GPP (3rd Generation Partnership Project)の国際標準技術で、周波数は商用と同じく3.5GHz帯の100MHz幅を利用したという。

3GPPでは5Gの要求条件を満たすためにNR方式を規定しており、NR方式のうちLTE方式と連携するNSA (ノンスタンドアローン)を採用することも明確化した。

周波数オークションを通じて5G向け周波数としてサブ6GHz帯の3600.0~3700.0 MHzおよびミリ波(mmWave)の28100.0~28900.0 MHzを取得したが、まずはサブ6GHz帯の3.5GHz帯で5Gを商用化する。

SK Telecomが利用する3.5GHz帯はNR Bandではn78となる。

5Gの商用化に向けて屋外、屋内、移動環境など様々なシーンで最高の品質を実現できるよう最適化を進め、悪天候、自然災害、突発的な状況を考慮した技術的な最終試験も並行して実施するという。

SK Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK