スポンサーリンク

韓国で携帯電話販売店500店舗がSK Telecomの取扱停止、方針に抗議


韓国(南朝鮮)で約500店舗もの携帯電話販売店が同国の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomの取り扱いを一時的に中断したことが韓国メディアの報道で分かった。

2018年10月17日から2018年10月18日の2日間にわたり、SK Telecomの顧客サービス、新規加入、番号移動などの業務の取り扱いを停止したという。

携帯電話販売店はSK Telecomの方針に対する抗議の意味を込めて取り扱いを停止しており、実質的にSK Telecomのサービスの販売拒否とみなされている。

SK Telecomは端末完全自給制の導入を主張しているが、端末完全自給制を導入すれば携帯電話販売店の縮小は避けられないとの見方が大勢を占める。

携帯電話販売店は端末完全自給制の導入を主張するSK Telecomの方針に不満を抱き、抗議の意味を込めてSK Telecomの取り扱いを中断した。

ただ、韓国ではKTおよびLG Uplus (LG U+)も端末完全自給制に賛成を示しており、すなわち韓国のすべての移動体通信事業者が端末完全自給制に肯定的である。

韓国の移動体通信事業者としてはSK Telecomが最大手であることから、取り扱いを拒否するターゲットになったと考えられている。

なお、韓国で携帯電話販売店が集団で特定の移動体通信事業者の業務を停止した事例は初めてという。

ETNews

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK