スポンサーリンク

台湾の亞太電信、台湾大哥大のLTEネットワーク利用を終了


台湾の移動体通信事業者(MNO)であるTaiwan Mobile (台湾大哥大)は台湾の移動体通信事業者であるAsia Pacific Telecom (亞太電信)に対するLTEネットワークの貸し出しを終了したと発表した。

Asia Pacific Telecomは2014年12月24日にLTEサービスを開始したが、エリアを補う目的などでTaiwan Mobileとローミング協定を締結し、ローミングと称してTaiwan Mobileのネットワークを利用していた。

ただ、当初よりAsia Pacific TelecomはほとんどTaiwan Mobileのネットワークに依存する状況で、台湾の政府機関で電気通信分野の規制を担う国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)は改善措置命令を発出して罰金も命じた。

改善措置の最新の履行期限とした2018年9月4日にも間に合わず、Asia Pacific TelecomとTaiwan Mobileは国家電気通信委員会から300万台湾ドル(約1,112万円)の罰金を命じられたが、すでに改善措置を完了して2018年10月31日にはAsia Pacific Telecomに対するLTEネットワークの貸し出しを終了したという。

これにより、Asia Pacific Telecomが再びTaiwan MobileのLTEネットワークを使うことはないと説明している。

国家電気通信委員会は2015年より合計で8回にわたりAsia Pacific TelecomとTaiwan Mobileの双方に同額の罰金を命じており、罰金の金額はそれぞれ1,470万台湾ドル(約5,449万円)に達した。

ただ、音声通話の手段を確保する目的で、Taiwan Mobileは引き続きW-CDMAネットワークをAsia Pacific Telecomに貸し出す。

Taiwan MobileはすでにGSMネットワークを停波しているが、GSMネットワークは当初より貸し出しの対象に含まず、Asia Pacific Telecomは2017年より独自にGSMネットワークを構築している。

Taiwan Mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK