スポンサーリンク

韓国のKT powertelがVoLTE対応トランシーバRADGER Sを発表


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるKTの関連会社で韓国のKT powertelはHytera Communications (海能達通信)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「RADGER S」を発表した。

プッシュ・ツー・トーク(PTT)に対応したハンディ型のIP無線機である。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 450 Mobile Platform (SDM450)となる。

CPUはオクタコアで動作周波数は最大1.8GHzとなっている。

ディスプレイは約5.0インチの液晶を搭載する。

カメラはリアに約1300万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 b/g/n (2.4GHz)にも対応する。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gに準拠した高耐久性能も備える。

電池パックの容量は4000mAhとなっている。

ハードウェアの開発と製造は中国のHytera Communicationsが担当する。

KT powertelがKTのネットワークを利用して提供するIP無線サービスを利用できる。

これまで、KT powertelが提供するハンディ型のIP無線機はストレート式でテンキーを搭載もしくは折り畳み式でテンキーを搭載していたが、RADGER Sは一般的なスマートフォンと同様にフルタッチパネル式となる。

一般的なスマートフォンと同様にAndroid向けのアプリケーションも使える。

京畿道消防災難本部は業務の効率性を高めるため、400台のRADGER Sを2018年11月中に導入することが決まっている。

出庫価格は550,000韓国ウォン(約55,000円)に設定されている。


KT powertel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK