スポンサーリンク

ASUS JAPAN、日本市場でゲーミングスマホROG Phoneを発売


台湾のASUSTeK Computer (華碩電脳)の日本法人であるASUS JAPANはスマートフォン「ROG Phone (ZS600KL)」を日本市場で発売した。

2018年11月23日より販売を開始している。

ROG Phone (ZS600KL)はROGブランドで展開するゲーミングスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用し、独自ユーザインターフェースとしてROG Gaming UIを導入している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform (SDM845)を搭載し、CPUはオクタコアで動作周波数はオーバークロックして最大2.96GHzとなっている。

ディスプレイは約6.0インチFHD+(1080*2160)AMOLEDを搭載する。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサと約800万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/1500(B32)/ 900(B8)/850(B5)/800(B18/B19/B20)/ 700(B12/B13/B17/B28/B29) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1800(III)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE DL Category 16およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した5コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(5CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはCAおよび64QAMを利用可能で、通信速度は下り最大1Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

SIMカードはSIMロックフリーかつデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備える。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ad (2.4GHz, 5GHz, 60GHz)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は512GBである。

電池パックは内蔵式で、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

生体認証は指紋認証を利用できる。

ゲーム時に最高のパフォーマンスを発揮するX Modeを搭載し、フロントにはデュアルステレオスピーカー、リアには通気口を備えるなど、熱狂的なゲーマー向けに仕上げている。

カラーバリエーションはブラックの1色展開となっている。

商品型番はZS600KL-BK512S8である。

価格は119,500円(税別)に設定されている。

また、NIFTY Corporationが仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開するNifMoでも取り扱い、価格は115,556円(税別)と少し安くなるほか、ASUS ROG Phone (ZS600KL)のグッズをプレゼントするキャンペーンも行う。


NifMo

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK